北海道の自然と共に生きる。森林を育み、畑を守り、次世代に繋げる。

Hokuo Agriculture and Forestry

北海道の”農業と観光”は大自然から生み出される良質な素材とその広大な規模に大きく依存しています。当社はその北海道特有の恵の下に、自然と共生を図りながら、新しい農業経営の在り方を模索し、次世代に繋げる持続的な経営を進めていきたいと日々努力しております。

経営方針の三本柱として
● 日本一環境に優しい農業
● 農業と観光の共存
● 社員の幸せづくりのための農場の環境整備を揚げています。

PROJECT

北海道最大級の自社農園The greatest its company plantation in Hokkaido

【六次産業化認定事業】

「研究する農業」「体験できる農業」
「人が集まる農業施設」「学校教育へ
の協力」等を行っています。

当農園はお客様に常に”新鮮で高品質な生産物”を提供するという信念の下で日々の営農に励んでおります。また自給率1100%を誇る十勝の農地規模ばかりではなく、 自然エネルギーを利用した環境に優しい営農活動も合わせて行なっております。
町内に所有している農地130haでは、主要農作物の生産の他に、野菜のハウス・露地栽培を行っております。特にアスパラについては、無農薬、温室栽培5万㎡となり、常に新鮮でおいしいアスパラを提供できる農園であります。
また、多くの職員が安心して働けるよう農園の環境整備にも力を入れており、その結果、士気の高揚に繋がり、常にイノベーションが図られ、 高品質な生産物を提供できる環境が保たれております。それがその家族の幸せにも繋がり、笑顔の絶えない職員の顔が至る所で見受けられる農園でもあります。

新鮮野菜 とれたて直売市場 - マルシェresh vegetable direct-sales market

当社の農産物は、環境に配慮した農地で採れた新鮮野菜です。家族みんなで安心してお召し上がりください。

見て、触れて、採って、食べてと 全てを楽しんで頂きたい。生産者である私達とお客様のコミュニケーションの場とし てマルシェ(フランス語で市場の意味)を運営しています。先取りの季節感、野菜の種類、安全と美味しさの他、地域の 交流もマルシェの役割です。
今後は物流の拠点としての機能も期待されていることから、野菜・肉・魚介等の大規模中継とした役割も担っていきます が、北王グループにおいては各分野を踏まえた上でフードバレー特区のプラットホームとしての役割も果たしていきます。 既にこのプラットホーム戦略は六次産業化といった手法を活用し、マルシェに集まる製品やサービスを利用して新たな高 品質の商品・サービス開発を進めており、より具体的に地域の活性化に貢献することを中長期的な目標としています。 マルシェを市場(いちば)としてご利用頂くことはもとより、地域経済における市場(しじょう)として成長させるには 皆様のご意見とお力添えが必要になっていきます。

地域の野菜を使った農家レストラン - 味工房「ほなみ」Farm restaurant - honami

安心で新鮮な食材の提供は北海道農業の大前提ですが、素材を生かした調理・加工による付加価値付けこそが我々農家レストランの役割と考えています。

ほなみは十勝の食材にこだわった料理を皆様に提供させて頂いておりますが、ほなみからの眺めもまた当社として自慢で きる味の一つと考えており四季折々の新鮮野菜の成長も直に楽しんで頂きたいと思っています。
また、ほなみの西側の森には既にニジマスやコイが放たれた池があり、その水辺にも鳥達が集まるほか棲息しているリス もそこからほなみに遊びに来ていますが、「そっと見守っていくこともほなみならではの楽しみ方」とも聞き及び、その ようなお言葉を頂いておりますことにたいしましても、感謝いたしております。
農園の方針は全ての社員が共有しており、これからもこのような恵まれた環境を大切に守ってまいります。

環境を守る広大な森林地The vast bush lot which keeps environment

雄大な自然は北海道の無二の財産であり、その中心にある森林を保全することは北海道企業の大きなの責務と考えます

森林が担ってきた国土や自然環境の保全は私達の安全・安心の象徴です。当社においてはグループ社員一人当たり1ha 以上を目標とし、現在367ha(東京ドーム約100個分)の森林を保有しております。
まずは100年企業としてのスタンスで、これからは当社の象徴としてこの環境を護り育てて行きます。また各グループ 会社は木材・紙等の多くの森林資源を使用しており、我々が今後も継続的に毎年使用する資源に相当する10ha程度を 植林・造林を行い、5年後には500haの森林の育成を目標とする事で道内企業としての社会的使命を果たします。
なお、グループ各社はその特性に合った取組みをおこなっており、例えば太陽光、地下水熱、氷熱のほかに社有林の間伐 材及び工事用廃材を有効活用した木質ボイラーにより省エネも図っています。

GROUP